矯正歯科専門サイト
診療案内|松戸市新松戸で矯正治療をお考えなら|森山デンタルオフィス

矯正歯科専門サイト 森山デンタルオフィス
ご予約・お問い合わせ 047-702-7200

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸3-270
サンハイム光洋 1号室

診療案内

矯正の無料相談を実施しています。お気軽にお問い合わせ下さい。

小児矯正

診療はまず、親御さまが気になる点を伺うことから始めます。上下の顎が前後にずれたり隙間が開いたりしている場合は3歳頃の乳歯期から治療を始めますが、それ以外の問題なら永久歯が生え始めた頃からでかまいません。次のステップでは検査を行い、お顔の写真やレントゲンを撮影します。

お子さまの矯正治療は、永久歯が生えるスペースを作るため、顎を拡げるケースがほとんどです。より拡がりやすくなるよう、顎の成長時期と合わせて治療を行います。矯正装置は、お子さまの性格や意欲に合わせ、取り外し可能なタイプと固定しておくタイプを使い分けます。途中で変更することも可能ですので、飽きっぽいお子さまでも心配ありません。

また、顎の大きさだけでなく、指しゃぶりなどのクセが影響して歯並びが乱れてしまうケースもあります。そうしたお子さまのため、クセを改善するプレオルソというマウスピースもご用意しています。

お子さまのお口が良い状態で成長するよう、少しでも気になるところがあればご相談にお越しください。

インビザライン

矯正をお考えの方の中には、治療期間中の見た目を気にされる方が多くいらっしゃいます。そうした皆さまにおすすめするのが、インビザラインです。透明なマウスピースを装着し、目指す歯並びに近い形のものに交換していくことで、少しずつ歯を動かします。

【インビザラインのメリット】
・透明なので、矯正をしていることを他の人に気付かれにくい
・外すことができるので、お食事しやすい
・外すことができるので歯磨きしやすく、虫歯・歯周病になりにくい
・矯正用のマウスピースを使ってホワイトニングすることができ、お口元の美しさを追求できる
・金属アレルギーの方にも適用可能です

【インビザラインのデメリット】
・1日20時間以上装着する必要があり、異物感がある
・マウスピースを付け忘れていると、歯が動かない
・装着しない時間が長くなると、マウスピースが入らなくなる可能性がある
・お口の状態によっては、適応できない

【3D型取りスキャナー】
3D対応カメラで口腔内をなぞるように撮影するだけで、型取りのできる新しい機器です。
特にインビザラインなどマウスピースで矯正を行う場合、精確な型取りが必須になります。
この機械を使用することでより精度の高い治療のご提供が可能です。

治療方法は基本的に、患者さまの意思を尊重して決定します。インビザラインの適応が難しい状態の方も、唇側矯正と組み合わせて使える場合がありますので、まずはご希望を教えてください。

インビザラインの治療の流れ

1. 治療前の検査

初診時はまず治療計画を作成するため、写真・レントゲン撮影を行います。
その後、3D型取りスキャナーで印象を採ります。

2. 3D治療計画の作成

3D治療計画ソフトウェアで、患者様の治療計画を作成し、詳細をご説明致します。
3Dの治療計画はとても精密で、最終的な治療後の歯の位置を確認でき、おおよその治療期間も確認することができます。

3. マウスピースの作製・装着

マウスピースが作製され、クリニックに届いたら、患者様にマウスピースを毎日装着していただきます。
担当医の指示に従い、一定の期間ごとに新しいマウスピースに交換していただきます。

4. 治療経過の確認

約6~8週間ごとにご通院していただき、治療経過を確認します。

5. 治療終了

治療終了後、完成した歯並びを安定させるために保定装置(リテーナー)を装着して頂きます。

唇側(ワイヤー)矯正

唇側矯正は、歯1本1本の唇に当たる側にブラケットという器具を付け、ワイヤーを通して歯を動かす治療方法です。一般的な金属製ブラケットのほか、器具が目立つことを気にされる方には透明なプラスチックのブラケットもご用意できます。

【唇側矯正のメリット】
・器具がお口に固定されているため、歯が動きやすい
・ほとんどの方に適応できる

【唇側矯正のデメリット】
・歯磨きがしづらく、虫歯予防にコツが要る
・器具やワイヤーが外れてしまった場合は、予定外に受診しなければならない
・器具やワイヤーが当たる箇所が、痛い場合がある

お口全体を整えるほか、インビザラインで矯正した後に特に気になる箇所だけを追加で唇側矯正することも可能です。患者さまの症状やご希望を踏まえ、一人ひとりに合った治療計画をお作りいたします。

TOP